コールドスプリングアポセカリー | Cold Spring Apothecary

Message from Stacey

ステイシーからのメッセージ

Message from Stacey

ステイシーからのメッセージ

私が幼い頃に住んでいた場所はキャッツスキルという荒野のような田舎で、何を買いに行くにもお店はかなり遠く、わざわざ出かけていくというような環境でした。
そんな環境の中で私は自分の住まいの周りにある植物に興味を持ち、日に何時間もかけて野山を歩き、珍しい植物やなにか面白いものを探しては摘み、また同じくらい長い時間をかけてそれらの植物について図鑑で調べていました。

持ち帰った植物をキッチンでつぶしてみたり、混ぜてみたり、様々な実験をして遊んでいました。失敗してとんでもないものが出来てしまったこともあるけど、自分の手で植物に触れ、そこから感じる香りや感触が当時与えてくれたものは今でも私の中での核となっていて、幼い私にはその植物がもたらしてくれる一連のことが魔法のように思えていました。
発見、喜び、その先にある癒し、全て。

 
 

 大人になり、仕事の為ニューヨークシティへ移った私の生活はキッチンでの実験を楽しんでいた日々から激変します。
格段に便利になった生活に慣れ、歩いて数分のところに売っている商品を手にしてはまた変え、それも合わなければまた変え、そんなことを繰り返していました。仕事も忙しく、気づくと肌は荒れ、髪に艶はなくなり、今思えばずいぶんと生活はすさんでいました。

 幼少期の自分にあれほど植物が自分にもたらしてくれたものやその体験をすっかり忘れてしまっていた私は、また調べものをし、時計を巻き戻すようにその時の自分から心身ともに健康だった時の自分がなにを使い、何を食していたかを思い出し、行き着いた先は幼少期のキッチンでの実験でした。


便利さの裏側にある落とし穴に気づかないまま何年もの時を過ごし、気づけば自分の周りにも同じ悩みを抱えた友人も多く、最初は私とごく少数の友人に手作りのコスメを渡したりしていました。
評判も上々で友人や家族からの後押しもあり、そして私自身にとってあの幼少期の実験室に戻れたような感覚が心地よく、これを私のライフワークにすると心に決めました。

仕事を辞め、コールドスプリングの小さなアパートに引っ越し、2年間はそこに籠もり何かを取り戻すかのように実験に没頭しました。 
2010年コールドスプリングアポセカリーは私のブランドとして始まり、今に至ります。

 

 コールドスプリングアポセカリーは“ウェルネス”にこだわります。

いい香りを作る為ではなく、薬効果に基づいた調合をします。厳選された植物と薬草を主成分につくられており、どの商品も機能性と原材料のバランスを大切に丁寧に調合された質の高い、そして何よりあなたとあなたの環境に優しい商品です。

 薬事法の違いもあり全ての商品を日本でご紹介するのは難しいですが、コールドスプリングアポセカリーの想いが詰まったプロダクトをあなたの生活に取り入れてもらえたら、それは私にとっての大きな喜びです。

 

Stacey Dugliss
The founder of CSA

ステイシー・ダグラス 
CSA創設者